水道トラブルの主な原因とさまざまな工事方法

水道トラブルの主な原因とさまざまな工事方法 キッチンやトイレ、浴室や洗面台といった、家の中での使用頻度が高く、よく水を使用する場所で水漏れは突然起こります。急な水道のトラブルに見舞われても慌てずに対処できるよう、水道トラブルが発生しやすい場所に合わせた工事方法を知っておくと便利です。
水道の工事は専門業者に依頼するのも大切ですが、業者が到着するまでの間に応急処置を施したり、蛇口 交換といった簡単な工事であれば自分で行うことも可能です。部品はホームセンターなどで入手することもでき、取り付け方もインターネットを検索すれば詳しく知ることができます。自分で行える部分は自分で、プロしかできない部分はプロに依頼するなど、それぞれのメリットを使い分けることが大切です。

■キッチンで発生したトラブルの解決方法

キッチンのトラブルに多いのが、蛇口からの水漏れです。蛇口が劣化や破損して水漏れが起こってしまった場合は、蛇口を交換し取り替えることで解決します。蛇口には、シングルレバー混合水栓と、ハンドル混合水栓の2つのパターンのものがあります。
まずシングルレバー混合水栓ですが、こちらは新しく新築で建てられた家や新たに蛇口を取り付ける時はこちらが付けられていることが多いです。レバーは1つだけになっており、左右や上下に動かすことで温度や水量の調節を行います。内蔵しているバブルカートリッジの不具合によって水漏れが発生することが多いので、予め同じ品番のバブルカートリッジを用意しておくことをおすすめします。
ハンドル混合水栓は、温水と冷水の2つのハンドルがあります。こちらはパッキンの不具合が原因となることが多いため、パッキンを常備しておくと良いでしょう。シングルレバー混合水栓よりも簡単に交換できるメリットがあります。

■トイレで発生したトラブルの解決方法
トイレの水漏れで多いのが、トイレタンクのトラブルです。トイレタンクは水を溜める容量が多いため、トラブルが起こってしまうと大量の水が床に流れ出すなど、被害が大きくなりがちです。水漏れが起こる原因として、タンクと蓋に隙間ができることがあります。タンクと蓋がしっかりと閉まっていないことで水漏れするため、蓋を閉じれば直る場合もあります。
しかし、蓋を閉じても直らない場合は、タンクの中を確認して中のホースが外れていないかを確認します。外れていた場合は付け直せば終了ですが、破損していたりパッキンが悪くなっている場合は、それぞれの部品を換える必要があります。こちらの部品もホームセンターで購入することが可能です。

■浴室で発生したトラブルの解決方法

浴室の水漏れで多いのが蛇口のトラブルです。浴室で使われている蛇口の種類は多く、それぞれの蛇口に対応した工事方法が必要となります。今はインターネットで簡単に検索することができるので、蛇口の種類と、どこのメーカーで作られたものか分かっていると、容易に工事することが可能です。
また、シャワーからの水漏れも多く発生します。使用頻度の高いシャワーは劣化しやすいため、ホース部分に穴が開いたり亀裂が入ることで水漏れすることがあります。その時は専用のテープで補修することも可能ですが、あまりにも状態が悪い場合はホースの取り替えをおすすめします。こちらも型番とメーカーが分かれば、ホームセンターやインターネットで手に入れることができるので便利です。

■まとめ
水漏れが起こる原因として多いのが、パッキンや蛇口などの部品の劣化や破損です。このように原因が特定でき、部品の交換で水漏れが直るのであれば、自分で比較的簡単に水漏れを修理することができます。しかし、排水管のトラブルやトイレ、浴室本体といった自分では取り替え交換が難しい部品、原因が特定できない時は、自分で直そうとしたりそのまま放置したりせずに、速やかにプロに水道の工事を依頼するのをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース