自分で水道の工事をおこなう際に必要な道具

自分で水道 工事を行う時は、専用の工具を揃える必要があります。家にある工具でできるなら便利ですが、専用のものを揃えることで作業がスムーズに捗ります。しかし、あまりたくさんの道具を購入するとコストがかかります。そんな時は、ウォーターポンププライヤー、蛇口用レンチ、シールテープを揃えることをおすすめします。

■ウォーターポンププライヤーについて

こちらは配管工事、特に水道管の工事に使用します。口開きを5段階に調節することができるため、さまざまなパイプの太さに合わせることができます。また、ジョイントをスライドさせることができるという、他のプライヤーにはない特徴があります。
その他にも、電気やガス工事、パイプや配管を回すときにも使われ、車の整備にも力を発揮するため、さまざまな用途で使うことができるので便利な道具です。金額は安価で手に入るものから、数千円以上のものまで様々あります。



■蛇口レンチとシールテープについて

蛇口用レンチは、名前の通り蛇口専用のレンチとなります。特殊な形状をしており、蛇口を取り外すときには無くてはならない便利な道具となります。他の道具では代用することができないため、水道の工事をする時は揃えておくと便利な道具です。
そしてシールテープは、排水管のつなぎ目部分に使用するテフロン製のシールです。デコボコした部分にもしっかりと接着するため、排水管を保護するのに適しています。こちらは1,000円以内で購入できることがほとんどです。



■まとめ
他の道具で代用するのが難しい水道の工事は、専用の道具を揃えるのをおすすめします。どちらもホームセンターやインターネットで簡単に購入することができ、金額もそれほど高くありません。作業効率や仕上がりも格段に向上します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ